蟹通販で販売されている蟹について

    
     

冷凍されている蟹

蟹通販で販売されている蟹の中には冷凍されている蟹も多くありますが、蟹通販で安定して蟹を購入することができるようになっているのは、蟹が獲れる時期に蟹をたくさん獲って、市場に流れなかった蟹を冷凍保存して在庫の確保をしているためです。

在庫の確保をすることによっていつでも蟹通販サイト側は蟹を発送できるようにしているわけですが、蟹に関しては冷凍しているからと言って食味が極端に落ちることは無く、正しく冷凍保存されている蟹なら冷凍していても新鮮な蟹の食味とほとんど変わることはありません。

ただし、旬の蟹を食べたいと言う場合に冷凍の蟹を購入するのは注意が必要で、冷凍されている蟹はいつ水揚げされた蟹か分からないため、旬の蟹だと謳っていてもその冷凍蟹が旬時期に獲れた蟹ではない可能性があるので、新鮮な旬の蟹を楽しみたい場合は生タイプの蟹をおすすめします。

ちなみに冷凍の蟹が送られてくると、食べる場合に電子レンジなどで解凍してから食べるという人も少なくないと思いますが、電子レンジで蟹の解凍をするのは厳禁で、急に解凍すると本来の蟹の美味みが著しく無くなってしまうことになります。
冷凍の蟹を解凍して食する場合は必ず時間をかけてゆっくり自然解凍させることが望ましく、食べる前日から冷蔵庫に入れて、冷蔵庫の温度で解凍させると、冷凍している蟹でも食味を失うことなく食べることができます。

生の蟹

蟹通販で蟹を購入する場合は冷凍タイプの蟹か生タイプの蟹かボイルタイプの蟹から選ぶことになりますが、それぞれの蟹にメリットやデメリットがあるものの、少しでも食味や風味を大事にして蟹を購入したい場合は生タイプの蟹がベストと言えます。

生タイプの蟹というのは、冷凍されていない蟹のことで、水揚げされてから日にちがそんなに経過していない蟹のことを言いますが、特に旬時期になると生タイプの蟹が蟹通販でたくさん販売されるようになり、蟹ファンはこのタイミングを狙って蟹を購入することになります。
よく蟹の旬の時期になって蟹通販で蟹の購入をするという人が多くいますが、旬の蟹を楽しみたいという理由で蟹を購入する場合は必ず冷凍の蟹ではなくて、生の蟹を購入することが必要で、冷凍の蟹だと水揚げされた時期が分からないため、旬の蟹かどうかというのは分かりません。

また、生と言って販売されている蟹であっても、冷凍した蟹を解凍して生と販売している悪質な蟹通販業者も中にはいるので、蟹を蟹通販で購入する場合は蟹の通販業者選びも重要なポイントになります。

ちなみに蟹通販で販売されている蟹にはいろいろな蟹の種類がいますが、それぞれの蟹によって旬は異なってくるので、蟹通販で蟹を購入する場合は購入を考えている蟹の旬を調べて置くことが大切ですが、未熟な蟹通販業者になると旬が分からずに旬だと販売しているケースもあります。

天然の蟹

一般的に海産物をスーパーや百貨店などで購入する場合は、天然や養殖と分類されているケースが多くなっていますが、一般的に養殖の方が安価で天然の方が高価であるという特徴があるものの、蟹通販サイトなどを見ていると天然や養殖の表記が無いことに気が付くと思います。

表記が無いということは、ほとんどが天然かほとんどが養殖かと考えることができますが、蟹に関しては市場に出回っている多くの蟹が天然の蟹となっていて、蟹はほとんどが天然ということも、蟹が高級食材と言われている理由の一つとなっています。
なぜ、養殖の蟹がいないのか疑問に思う人も多くいると思いますが、蟹の養殖が進まない背景には蟹通販で販売されている蟹の生態系が大きく関連しています。

蟹通販で販売されている蟹の多くはもともとの生息域が深海ということもあって、養殖では同じような環境を作ることが非常に困難になっていて、仮に深海と同じ環境が作れたとしてもコストの面でかなり費用がかかるため、養殖で蟹を育てると天然の蟹よりかえって高級になってしまい養殖の意味が無くなります。

ただし、ワタリガニや上海ガニなどは比較的浅場で獲ることができる蟹なので、積極的に養殖が行なわれていて、養殖のワタリガニや上海ガニは市場に多く出回っています。
しかしながら、これらの蟹は蟹通販で取扱いされる蟹の中では重要視されないので、あまり蟹に養殖というイメージは定着していません。

お得なセット販売

蟹を蟹通販で購入する場合はお得なセットで購入すると費用的にかなりお得ですが、蟹通販で蟹を購入する人の中には、どうせ蟹を購入するならいろいろな種類の蟹を楽しみたいというのが蟹好きな人の気持ちだと思います。

こうした蟹好きな人のために蟹通販サイトでは様々な種類の蟹をセットにして販売しているところがありますが、そのセットの中には蟹として不動の人気となっているズワイガニやタラバガニ、北海道の蟹の代名詞でもある毛ガニなど、様々な蟹がセットになって1万円程度で販売されているのを見かけます。

これだけ蟹が安価だと、蟹の品質に疑いを持ってしまうと思いますが、セット販売されている蟹の品質が悪いということはなく、それぞれがわけありの蟹となっているので、お得なセット価格で蟹の購入ができるようになっています。

また、蟹通販サイトの中には様々な海産物を取り扱っているようなサイトもありますが、他の海産物と蟹がセットになっているようなセット商品もあるので、海鮮鍋などを作りたいと蟹を購入する場合は他の海産物とセットになっている蟹を購入するとかなりお得です。

ちなみにこのようなセット販売されている蟹の中には冷凍の蟹も多く含まれていますが、蟹に関していうと冷凍保存の仕方が良い場合は生と冷凍の蟹の味にそこまで違いは無いので、冷凍か生の違いというよりも蟹が獲れた場所の方が重要なポイントになります。

蟹通販の需要が増える時期

蟹は時期によって需要が増えるタイミングがありますが、特に冬場は蟹の需要が高まる時期で、これは蟹の旬とお歳暮の時期が重なるためですが、需要が増えるということはそれだけ蟹の価格も高騰するということになります。

ちなみにお歳暮の時期に旬となる蟹をお世話になっている人に贈るという人も中にはいると思いますが、お歳暮の時期で旬の時期と重なっていても、販売されている蟹が冷凍の蟹の場合は旬ではない可能性があるため、旬の蟹を楽しみたいのであれば、生タイプの蟹選びが重要なポイントになってきます。

年末にかけては蟹の需要が増えるということもあって、訳あり蟹も市場に多く出回るようになりますが、需要が増えるタイミングを狙って粗悪な蟹の販売をする業者も増えてくることになるので、信頼できる蟹通販業者から蟹を購入する必要があります。
年末を過ぎて年明けになると蟹の需要は一旦落ちつくことになりますが、この頃は年末に売れ残った蟹を非常に安価で販売している時期になるので、蟹が購入しやすくなります。

蟹は人が多く集まる機会やお祝いごとなどでもよく出される食材なので、需要が落ちついた時期に安価で売られている蟹を購入しておいて、何かあった場合に料理として振る舞えるように保存しておくと良いでしょう。
また、冷凍の蟹は価格変動が小さいものの、生の蟹になると価格変動が大きいため、蟹の相場を見極めて蟹を購入するというのも大事です。

蟹の旬について

蟹の需要が増える時期と言えば、11月から12月の年末にかけてですが、この頃は蟹の通販業者にとっても稼ぎ時になるため、積極的に蟹を販売するようになりますが、蟹の旬がこの時期と同じ冬と思っている人は多くいるものの、他の時期に旬を迎える蟹も中にはいます。

日本で蟹の水揚げがされる場所と言えば、北海道を連想する人が多くいると思いますが、ズワイガニなどは日本海の広範囲で獲れる蟹なので、山陰や北陸の一部ではズワイガニをブランド化し、独自に販売しているところも多くあります。

これらの蟹の旬を見ると夏場に旬を迎える蟹もいれば、春先に旬を迎える蟹もいるように、すべての蟹が冬に旬を迎えるわけではないということが分かりますが、蟹の王様と表現されるタラバガニに関しては早春に旬を迎えるため、蟹の需要が増える年末とは時期が少しずれているという特徴があります。

もちろん旬を過ぎた蟹だからと言って味が極端に落ちることはありませんが、旬を過ぎた蟹は産卵を終えて、体力を使い果たしている状態となっているため、身は旬の時期に比べるとあまり詰まっていないことから、食味の部分で旬の時期よりも劣る部分があります。

また、蟹通販の中でも安価で手に入りやすいワタリガニに関しては、太平洋側で冬に旬を迎えるのに対して、日本海側では夏に旬を迎えるという全く逆の旬になっているのが特徴で、蟹は時期だけでなく獲れる場所によっても旬が変わるという特徴があります。

PAGE TOP